スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊探偵

2009-04-26 22:37
Second2000です。

なかなかブログの更新ができず、uniqueが頼りになっているばかりです。
理由はもう分かってますよね。プロフにある通り高校生ですからね。
高校生ね。
uniqueとSecondは高校進学先が違うからね。
会う日といったらホントに少ないからね俺達。uniqueと同校通えば良かったな~。
なんて思ってるけど願いは叶ったりしないのです。
やっと土日を迎えたか、と気楽にしていられない。
土曜日の朝は部活で、昼は天候も悪くどこにも行けない。

仕方なく松原レッドサイクロンズのメンバーで、家付近でわいわい楽しんで遊んだが、
ZF5と言ったらの野球が出来ないので、他の遊びでは全然盛り上がらない為体(ていたらく)。

その日は鬼ごっこをして遊んでいた。
鬼ごっこする前は自分1人でPSP太鼓。ACには雨で行けなかった。
やっているうちに銀河が「ちょっと俺にもやらせて」と声をかけられ、「はい」と素直に。
銀河が太鼓をしていると、今度はZF5sisが「終わったらうちにも貸してな」と。

でも銀河はずっと1人で太鼓の達人。なかなか人の話が聞けない。

ZF5sisが、「なあ聞いてんの? 終わったら1回貸してな」と言うと、

漸く銀河が言った一言が、「嫌や。俺今やってるとこやもん!!」だった。

これは嫌な空気になりそうだ。
せっかくの休みだけに盛り上がろうと遊びに来てやったのに空気が可笑しいぞ。
どうせまた碌でもない喧嘩が始まるんだよ、と内心思っていたその時。

2人は争いを始めてしまった。アンのジョー!!!!!!!!!

ここからは会話などお楽しみください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Second: 「俺のPSP壊れるやろーが! 早よ返せや!!!」
銀河 : 「(大人しくSecondに返す)」

2人の眼は鬼。

銀河 : 「キモいなお前」
ZF5sis :「は? お前やろが一番キモいのは。世界で一番キモいのはアンタやろ?」
銀河 : 「頭いってますかお前。死にたいなら今殺してあげるわ」
ZF5sis :「いいよ殺せるもんなら殺してみろやバーカ」
銀河 : 「ああいいよ、俺が今首絞めて上から真っ逆さまに落としたるわ」
Second: 「いい加減にしろやお前。喧嘩するなら帰れやボケが!!」
銀河 : 「******(Secondの本名)は関係ないやろ? 俺今から1人殺すから」
Second: 「おいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」



そして怒濤の喧嘩・・・



ZF5sis :「ああ・・・・・、ああああああああ・・・・・・・、ああ・・・・」
銀河 : 「死ねや死ねや死ねや死ねや死ねや死ねや死ねや・・・・・・・・」
ZF5sis :「お前ホンマに死ねやああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
銀河 : 「うるせーんじゃボケ! お前包丁で刺したろか今すぐ! そこに落ちてるから」
Second: 「あかんっておい!あかんってやめろって。包丁はマズイでしょ流石に」

Secondは素早く包丁を奪う。
なおも喧嘩は続く。

銀河 : 「ああああ何で死なんのお前!! 今もう限界の限界なんやけど!!!」
ZF5sis :「くっ・・・・うう」
Second: 「おいお前らいい加減にしろよ!!!!!!!!!!!」

包丁を2人に向けて大声を出した。2人の喧嘩は治まった。

Second: 
「俺が今から刺してもいいんだぞ? もうこれ以上俺をいらいらさせたら、
俺がお前らを刺してしまえば済む事なんじゃないのかな?PSP貸しただけで普通こんな大事にはならんと思うんや。だからもうお前らに何もしてあげないし、話しかけないから。もうアンタら邪魔やから刺すわ」

銀河とZF5sisが逃げる。Secondが追いかける。

3分後・・・・・

銀河は撒いたが、ZF5sisを追い詰めた。
俺は刺した。どこからともなく刺しまくった。これでもかってくらい刺した。

ZF5sisは全身血だらけ。そのまま動かず寝ころんでいた。

ZF5 :「・・・・・・・・・・・。何これは?」
Second: 「何これ?俺もよく分からん」
ZF5 :「何で服が破けてんだよ!!!!!! 可笑しいだろこれどう見ても!!!」
Second: 「あははははは。まあ可笑しいなこれ」

銀河はそのまま家に帰ったようだ。

その日は雨だ。
残りのメンバーで、紙飛行機を50個ぐらい作り、外へ外へと飛ばしまくった。

俺の紙飛行機が一番飛んだ。

喧嘩のことなんてもう気にしていない。

ZF5 :「俺の作ったやつなんかメッチャ飛ぶで! 思いっきり投げればな」
Second: 「確かにアンタは野球部でしかも肩がいいからな」

ZF5が飛ばした。

ZF5 :「どこ行った?」
Second: 「真下」

「昨日の誰かの一言コーナー」土曜日の一言ですね。
事の始まりはPSPにあるからな
必要無いもの持ってくるから悪いんやろな
By ZF5

実話です。
では、今日はここまでで。

あれ? これは太鼓の記事じゃなかったの?
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。