スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトタワポケモン新メンバー

2009-10-18 22:25
どうも、ロアです。
今日は、2つ目の記事です。


では、早速どうぞ・・・




まずは、ポケモンのステータス、技、特性などなど・・・


トゲキッス 
 性格 せかっち   特性 天の恵み
 Lv50時ステータス    持ち物 拘りスカーフ
 HP:150
 攻撃:61
 防御:103
 特功:172
 特防:121
 素早さ:145

  エアスラッシュ 波動弾 大文字 トリック


ヌケニン
 性格 寂しがり   特性 不思議な守り
 Lv50時ステータス    持ち物 気合のタスキ
 HP:1
 攻撃:156
 防御:58
 特功:37
 特防:38
 素早さ:92

  シザークロス 影打ち 剣の舞 鬼火


ハピナス
 性格 腕白    特性 自然回復
 Lv50時ステータス    持ち物 ヨプの実
 HP:311
 攻撃:26
 防御:68
 特功:81
 特防:187
 素早さ:71

  地球投げ カウンター どくどく タマゴうみ





では、戦法の説明を・・・



まず、トゲキッスですが、先発のおかげで、とても使いやすいです。
相性のいい相手には普通に攻めます。
この速さのおかげで、130族にも勝てます。
相性が悪いか、相手が積み型、受け、サポートでありそうな場合はトリックです。
特に、積み型相手への影響力はすごいです。
ここで、相手の技が固定されて、こちらから有効な技がない場合、交代します。
相手がヌケニンへ対して何も出来ないような技を拘ったなら、ヌケニンへ交代。
それ以外はハピナスに交代します。
ヌケニンは相手がなにもしていない間に剣の舞か鬼火をします。
wi-fiとなると、ガブリアスの出てくる確立は高いので、鬼火のほうがいいと思われます。
ハピナスは、特殊受けに主に使います。


次に、ヌケニンですが、水・電気を受けたり、ハピキッスで効果抜群の攻撃を受けそうだったしたときに受けます。
先手がトゲキッスなので、スカーフなのが分かりやすいです。
例えば、トゲキッスvsスカーフガブリアスという戦況だった場合、相手が先制します。
ガブリアスの逆鱗が先にとんできます。
ここで、せっかちであるにもかかわらず、ギリギリ耐えますwww
ここでヌケニンに交代。
相手は逆鱗中なので、攻撃は当たりません。
逆鱗が3ターンなら、剣の舞、2ターンなら鬼火をします。
こんな感じで、大体の受けをやってくれています。
一言で言うと、使いやすいです。
ただ、天候に弱いのは言うまでもない・・・
バンギラスが出てくることは少ないのですが、雪王や河馬がたまにいますから。


最後にハピナスですが、やっぱり、特殊受けとして最強ですね。
地球投げで攻めることも出来ます。
苦手な格闘(物理)でも、カウンターで強引につぶすことも出来ます。
どくどくでつぶすことも出来ます。
ただ、ゲンガーに対し何も出来ない・・・
現に、1回ありましたwww
ハピナスはあまりやられたことがないです。
弱点は・・・一撃必殺?


こんな感じで、戦法終了。




このパーティのバランスについて

弱点は、天候のポケモン、格闘、岩、一撃必殺あたりです。

特に格闘タイプは、岩技も兼ね備えているので恐ろしい存在です。



カイリキーとかトラウマですよ・・・・・・・・・

まず、天候ポケ出されると、ヌケニンが動くことが出来ないですから、その場合2vs3で戦うことになりますね。
ハピナスも一撃必殺は耐えられないですから、怖いです。



しかしですね。
結構使いやすい組み合わせなんですよ。

トゲキッスで相手の技を固定させたら、ヌケニンで交代して受けれます。
ヌケニンは水・電気を受けることが多く出来ますが、どくどくが心配な場合は、ハピナスで様子をうかがうことが出来ます。自然回復もちなので、状態異常を心配することもないです。
ヌケニンにシャドーボールが飛んできそうなときや、ハピナスに格闘技が飛んできそうなときもそれぞれのタイプで受けることが出来ます。


この組み合わせでランク1から40連勝しました。
41戦目であのカイリキーに3タテされました・・・





旧パーティと新パーティの比較

旧パーティはこのようになってます。

①ガブリアス(スカーフ)【素早さ調整76族(ヒードラン)スカーフ超え】
②メガヤンマ(広角レンズ)【特殊アタッカー】
③ドーブル(タスキ)【心眼零度型】


このころは、催眠が強力だったので、思いっきり催眠に頼ってました。
ガブリアスは先手にしてエース。
同じガブリアス同士の対戦になった場合、相手が最速なら負ける仕様になってます。
その次に、メガヤンマを出し、守ります。
加速でそのガブリアスを抜けるような調整になっていたはずなので、催眠で眠らせます。
外れたとしても、逆鱗を一発耐えれるようになってます。
積み型はドーブルで何とかします。
この戦法で、やっていました。
今と比べると、素早さが高いほうのポケモンがそろってます。



ちなみにですね・・・
載せた6匹のポケモンはすべて相手のヌケニンに対応できるようになってますwww

ガブリアスは大文字、メガヤンマはエアスラ、ドーブルはナイトヘッド、あと省略(ぉぃ
今では催眠が弱くなったので、使えなくなりましたが、昔はかなり連勝できました。




比較ですね・・・



旧は氷に弱かったですが、今は岩に弱いと言ったところでしょうか?
旧は受けがいなかったし、新は攻撃技の種類が少ない。
旧は、まだ砂嵐に強かったが、今はめっぽう弱い。

そんなところでしょうか?


味方同士で相性をカバーしあっているので、非常に使いやすいです。


皆さんもどうですか?
スカーフトリックしてからヌケニンへの交代は?


長文失礼いたしました。
参考になったなら、とってもうれしく思います。


見てくれて、ありがとうございました。



公開時間予定の10時をおおきく超えてしまい、スイマセンでした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。