スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

努力値

2009-10-31 21:00
新しいカテゴリの登場です。
どうも、ロアです。

「ポケモン 育成」ということですが、内容はポケモン育成に必要な知識、今育てているポケモンの情報、その他もろもろ・・・


まあ、うまく活用できればいいんですけど・・・
(国語の活用はうまく出来ない私・・・)


では、初心者のための・・・努力値についていってみよう。
(勿論、上級者が見ても、何のためにもなりませんよ)



先に謝ります、ネタがなくてスイマセン!!




まず、努力値とは?

 どこにいっても書いてあると思いますが、ポケモンの隠しステータスのようなものです。


努力値はいつ得ることが出来る?

 これは、経験値を手に入れたときと一緒に得ます
 学習装置で経験値をもらったときも得ることになります。
 つまり、瀕死になると、経験値をもらえないので、努力値を得ることはないです。


どうやったら、努力値を得ることができるの?

 努力値は、ポケモンを倒すと得るわけですが、倒すポケモンによって変わります
 例えば、HPだったら、ヌオー、ウパー、ビッパなど
 攻撃なら、ビーダル、ゴーリキー、ギャラドス、アズマオウなど
 防御なら、イシツブテ、カラカラ、ヒポポタス、ペリッパーなど
 特功なら、キリンリキ、モココ、ゴースなど
 特防なら、メノクラゲ、ドククラゲなど
 素早さなら、コイキング、ムックル、ディグダなど
 それらのポケモンを倒すことで、それぞれのステータスの努力値を得ます。


努力値は一匹倒すにつき、どれだけ入りますか?

 普通は一匹倒すごとに努力値が1か2か3たまります。
 大体の進化前なら+1、2進化目なら+2、最終進化なら+3。まず、大体で覚えましょう。
 中には、複数の努力値が得られるポケモンもいます。(アンノーン、キングドラなど)
 そこの細かくについては、今はなしにしましょう。
 さらに、進化前と進化後では得られる努力値が変わることもあります。
 例えば、ビッパはHPに+1されますが、ビーダルは攻撃に+2されます。
 
努力値に限界はあるの?

 努力値は、ひとつの能力につき255まで貯めることができます
 合計では510まで貯めることができます
 つまり、2つの能力まで最大まで貯めることができます
 例えば、ビッパを255匹倒せば、HPに努力値が255入ります。(先が遠い話ですね・・・
 しかし、256匹目を倒しても、努力値は255のままです。
 これ以上得ることが出来ないと言うことです。
 HPと素早さに努力値がそれぞれ255ずつ入っている場合のときに、イシツブテを倒しても防御に努力値は入ることはないです。
 つまり、1つのステータスに255まで、合計510までしかためることはできないです。
 

努力値をもっと効率よく!

 普通に255匹倒すって、やってられないですよね。
 流石に、そこまで時間をかけていられるわけではないです。
 まず、楽にするアイテムのひとつ、ドーピングアイテムというものがあります。
 ピンとこないかもしれないですが、タウリン、リゾチウム、インドメタシンなどの通称です。
 それらを使って、ポケモンに努力値を得させることをドーピングといいます。
 それらのアイテムは、努力値を10得ることができ、何も努力値を得ていない状況から最大10個まで使えます。
 つまり、100までドーピングで貯めることが出来ます。
 しかし、それ以上はドーピングではためることは出来ないので、倒して努力値を得ましょう。
 中途半端な努力値のときに使う場合、例えば特功の努力値が94の場合、このときにリゾチウムを使うと104にはならず、100になります。
 ドーピングアイテムはどんなに中途半端な数値でも、ドーピングできなくなったときには努力値が100振り分けられているということになります
 101の努力値が入っているときには、もうドーピングアイテムは使えない状態になってます。
 

ドーピングと逆に、努力値を下げるアイテム、木の実があります。
しかし、ここでは省略します。
普通なら使う必要はないのが理由です。
間違って振り分けてしまったなら、最初からやり直すという手もありますから。
一応、紹介だけはします。
ドーピングアイテムと全く逆の働きをします
110以上の努力値が振り分けられている場合、どんな場合でも100まで下げられます。
それ以外は10ずつ下がっていきます。
例えば、素早さに104の努力値が入っている場合、対応の木の実を使うと、94に下がります。
努力値255ためていても、150ためていても、木の実を使うと、どちらも100まで下がります。



 
 他に便利なアイテム、パワー○○○○があります。
 通称はよく知らないです、スイマセン。
 これらは、一匹のポケモンを倒したときに、倒したポケモンから得られる努力値と、このアイテムによる努力値を得ることができます。
 そのプラスされる努力値は+4です。
 例えば、パワーウエイトを持たせ、ビッパを倒した場合、ビッパの分のHP+1とアイテムの分のHP+4で合計HP+5されることになります。
 普通にやるより、大幅に楽になりますね。
 別の例で言うと、パワーウエイトを持たせ、ゴーリキーを倒した場合、ゴーリキーの分の攻撃+2とアイテムの分のHP+4で合計HP+4,攻撃+2を得ることになります。
 
 次は、努力値の振り分けを楽にするポケルスというものの紹介です。
 初心者は、見たとしても、ポケルスのポケモンがいないので、普通使わないと思います。
 ポケルスと言うのは、もらえる努力値を2倍にしてくれるものです。
 例えば、ポケルスにかかっていてビッパを倒した場合、HPに+1とさらに2倍で合計HP+2を得ることになります。
 ちょっと応用にいきます。
 <例>ポケルスにかかっていて、パワーウエイトを持っていて、ゴローンを倒した場合、パワーウエイトの分のHP+4、ゴローンの分の防御+2をそれぞれ2倍して、合計HP+8,防御+4を得ることができます。
 <例2>ポケルスにかかっていて、パワーウエイトを持っていて、アンノーン(攻撃+1,特功+1)を倒した場合、パワーウエイトの分のHP+4、アンノーンの分の攻撃+1,特功+1をそれぞれ2倍にして、合計HP+8,攻撃+2,特功+2を得ることになります。
 

 努力値の無駄

努力値を振ったもののうち、無駄になってしまうものがあります
それが、題名どうり、努力値の無駄。
なお、これはLv100のときには無駄が出ないです。
Lv50戦のときには無駄ぶりというものが出てくることがあります。

例えば、(Lv50)攻撃の種族値が100で、個体値が30である2匹のポケモンがいるとします。
因みに、性格による補正もなしとします。
一匹(①)には努力値を252入れます。
もう一匹(②)には努力値を248入れます。

そうすると、計算的にこうなります。

①{(100×2)+(252÷4)+30}×50÷100+5=151
  (200+63+30)×50÷100+5
  293÷2+5
  146.5+5 (小数点以下切捨てにより、146+5)
  151
 
②{(100×2)+(248÷4)+30}×50÷100+5=151
  (200+62+30)×50÷100+5
  292÷2+5
  146+5
  151


よって、2匹とも同じステータスになるというわけです。
しかし、Lv100になると変わります

①{(100×2)+(252÷4)+30}×100÷100+5=298
  (200+63+30)×100÷100+5
  293+5
  298

②{(100×2)+(248÷4)+30}×100÷100+5=297
  (200+62+30)×100÷100+5
  292+5
  297


こうなって、Lv100では252振ったほうが高くなります。


この計算はステータス計算式を元に使っています。
まだ、計算式について書いていないので、分からないのは当然です。

ただ、分かってほしいことは、Lv50のときに努力値の無駄が出てくることがあるということです。
あと、リトルカップでも努力値の無駄がたくさん出るため努力値の調節が必要になります。

リトルカップとは、進化前、タマゴから生まれる、進化後がいるポケモンのLv5で戦うバトルのことです。因みに、リトルカップの中では、ストライクが最強です、その次にニューらが入っています。





 
 これで終わりです。
 参考になれば幸いですが、他のサイトと同じことを書いても仕方ないと思うので、所々に【例えば・・・】を置いたつもりですが、どうですか?
 分かりやすかったですか?
 分かりにくいところがありましたら、コメントお願いしますっっ!

 もう一度・・・

 こんなネタでスイマセンでした。


明日は部活帰りですので、また適当になりますが、よろしくお願いします(>ω<)//


個体値、種族値の記事もまた書きます。ネタがないときにね・・・(ぇ~



ばいば~い。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。